推薦から一般入試まで幅広いコースが揃う!医学部専門予備校

推薦から一般入試まで幅広いコースが揃う!医学部専門予備校

レディ

医学部を目指すなら

大学の専攻の中でも特に難関だと言われる医学部。そんな医学部を目指すなら、医学部専門の予備校に通うのがおすすめです。医学部専門の予備校では、生徒それぞれのレベルや志望大学に合わせたコースを用意しているので、無駄のない学習をすることができます。国立・私立共に入試に向けてしっかり対策を練った授業を行ってくれるので、志望大学に合格する確率も高まるでしょう。

医療

推薦入試の専門コースもある

医学部専門予備校では、推薦入試に向けての対策を専門的に行っているコースもあります。面接の練習や願書の作成方法、小論文の書き方などに至るまで様々なサポートをしてくれるので安心です。また、土日のみの通学やメール・FAXでのやり取りなども可能なので、定期的に通えない方でもしっかりアドバイスしてもらえます。

医学部の入試は推薦か一般どちらを受けた方がいい?

推薦入試を受けた場合

推薦入試を受けるとなると、志望大学が定めた基準値よりも上の成績を取っていなければなりませんが、一般入試に比べると志願者が少ないため、倍率が圧倒的に低くなるのがメリットとなっています。大学によっても異なりますが、中には一般入試の半数以下しか志願者がいないところもあります。そのため、比較的合格しやすいのが推薦入試のいいところです。

一般入試を受けた場合

一般入試を受けた場合は、試験の合格ラインに達するように受験勉強を必死に頑張らなければなりません。しかし、推薦入試と違って高校の成績が入試の合否に関係することがないので、受験勉強を一生懸命頑張れば誰でも合格できる可能性があるのです。また、推薦入試は面接が合否にとても大きく影響するのに対し、一般入試はそれほど重要視されないので、面接が苦手な方でも安心です。

広告募集中