大学進学にかかるお金はいくら?学費の相場をチェックしよう

大学進学にかかるお金はいくら?学費の相場をチェックしよう

学生

大学に通うには多額の費用が必要

大学に通うためには、勉強だけでなく学費のこともきちんと考えておかなければなりません。大学によってもかかる費用は異なりますが、初年度の平均納付金額は国立大学で約80万、私立大学で約130万となっています。私立大学は文系か理系かによっても学費に差が出てくるので、事前にきちんと調べておくといいでしょう。金銭的な負担が大きくならないように、無理なく支払える大学を選ぶことも選択肢の一つと言えます。

勉強

合格発表から学費の納付までの期間

大学の合格通知を受け取ってから入学金を納付するまでの期間は、だいたい1〜2週間程度となっています。それほど期間が長くないため、前もって準備しておいた方が安心です。また、最近では、2学期制の大学も増えているため、前期の授業料を入学前に支払うということも珍しくありません。そのため、入学金と併せて授業料もしっかり準備しておくことを忘れないようにしましょう。

女生徒

お金の負担を軽減できる制度

大学に通いたくても多額の費用を用意することができないという方は、奨学金制度や教育ローンを利用してみるといいでしょう。これらの制度を利用すると、今すぐに学費を用意できなくても、卒業後に就職して働いたお金でコツコツお金を支払うことができます。金銭的な負担を軽減することができるので、とても便利な制度となっています。また、学校によっては成績優秀者のみ学費が免除される特待生制度を設けているところもありますので、費用の負担を削減したい方におすすめです。

大学入学から卒業までにかかる費用の内訳

  • 入学金(国立:平均28万円、私立:平均25万円)
  • 授業料(国立:平均53万円、私立:平均86万円)※1年間当たりの平均額
  • 出願費や受験費(国立:平均17000円、私立:平均35000円)
  • 生活費(自宅生の場合:平均3万円、自宅外生の場合:6万〜8万円程度)
  • その他諸費(娯楽や交際費など)

広告募集中